この記事は公開から1年以上が経過しています。内容が古い場合があるのでご注意下さい。

サーバの操作ログを作業履歴や教育用に動画として保存したいシーンがよくあります。
今回は、簡単に作業ログを動画として記録、再生できるツールを紹介したいと思います。

インストール

$ gem install showterm

ruby環境がない場合は以下でもインストール可能です。

$ curl showterm.io/showterm > ~/bin/showterm
$ chmod +x ~/bin/showterm

使い方

録画開始

実行すると、自動的に作業内容の録画が開始されます。

$ showterm

録画終了

終了させるにはexitを入力します。
終了すると自動的にshowterm.ioのサーバに録画データがアップロードされて、そのURLが生成されます。

$ exit

exit
showterm recording finished.
Uploading...
http://showterm.io/14073f81eb00cea5a40ce

録画データ(動画)の削除

録画データをサーバから削除することも可能です。
削除対象には、生成時のURLを指定します。

$ showterm --delete <url>

録画データ(動画)のアップロード停止

録画データはexitした時点で即時にアップロードされますが、任意のタイミングに変更することが可能です。

$ showterm -e

この状態で記録してexitすると、下記のようなメッセージが表示されます。

OK, discarding edits and skipping upload.
your work is safe in "/tmp/showtime.15241.script" and "/tmp/showtime.15241.times"
To try uploading manually, use:
showterm --retry "/tmp/showtime.15241.script" "/tmp/showtime.15241.times"

録画したデータは/tmp以下に一時保存されます。
メッセージにあるとおり、.scriptファイルと.timesファイルを指定して--retryオプションで手動でアップロードできます。

$ showterm --retry "/tmp/showtime.15241.script" "/tmp/showtime.15241.times"

Uploading...
http://showterm.io/b4caf39ae962be6caefe2

動画の埋め込み

再生動画は、iframeタグでブログなどに埋め込むことが可能です。

<iframe src="http://showterm.io/ed15ab2d5280c55ca8216" width="640" height="480"></iframe>

実際に埋め込んでみると、こんな感じです。
スクロールバーを移動させることで好きな場面に移動することができます。
(スマホでは表示が大きすぎる状態になってしまいます。PCやタブレットだと綺麗に表示できます。)

プライベートサーバ

動画をアップロードするサーバは、showterm.ioのサーバの他に、自前のプライベートなサーバにアップロードすることも可能です。

プライベートサーバの構築については、次回に書きたいと思います。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です