この記事は公開から1年以上が経過しています。内容が古い場合があるのでご注意下さい。

セキュリティ系ツールのHydraと、Hydraで使うパスワードファイルを作成してくれるcrunchコマンドの環境をUbuntuで構築した時の内容をメモとして残します。

hydraのインストール

AWSでUbuntuインスタンスを起動した後、まずはhydraをインストールします。
(試したのは、Ubuntu13.04です。)

# apt-get install hydra

hydra自体のインストールはこれだけです。

crunchインストール

事前準備

crunchは、ソースからインストールする必要がありますが、AWSのUbuntuは、デフォルトではmakegccがないので、先にインストールしておきます。

# apt-get install make
# apt-get install gcc

crunchのインストール

次にcrunchコマンドをインストールします。

# apt-get install crunch
E: Unable to locate package crunch

そんなパッケージはないそうです。。

# apt-cache search crunch

検索してみても見つかりません。

その為、ソースからインストールします。
以下のURLからソースファイルをダウンロードします。
http://sourceforge.net/projects/crunch-wordlist/

# tar zxvf crunch-3.4.tgz
# cd crunch-3.4/
# ls -l
total 172
-rw-r--r-- 1 root root   5616 Sep  4  2012 charset.lst
-rw-r--r-- 1 root root  16556 Oct 18  2012 crunch.1
-rw-r--r-- 1 root root 118343 Oct 21  2012 crunch.c
-rw-r--r-- 1 root root  18092 Sep  4  2012 GPL.TXT
-rw-r--r-- 1 root root   3299 Oct 21  2012 Makefile
-rw-r--r-- 1 root root    128 Sep  4  2012 unicode_test.lst
# make
Building binary...
/usr/bin/gcc -pthread -Wall -pedantic -std=c99 crunch.c -lm -o crunch
crunch.c: In function ‘renamefile’:
crunch.c:1406:12: warning: variable ‘pidret’ set but not used [-Wunused-but-set-variable]

インストールします。

# make install
Creating directories...
/usr/bin/install -d -m 755 -o root -g root /pentest/passwords/crunch
/usr/bin/install -d -m 755 -o root -g root /usr/share/man/man1
Copying binary...
/usr/bin/install crunch -m 755 -o root -g root /pentest/passwords/crunch
Copying charset.lst...
/usr/bin/install charset.lst -m 644 -o root -g root /pentest/passwords/crunch
Copying GPL.TXT...
/usr/bin/install GPL.TXT -m 644 -o root -g root /pentest/passwords/crunch
Installing man page...
/usr/bin/install crunch.1 -m 644 -o root -g root /usr/share/man/man1

以上でインストール完了です。

余談

Hydraは、ペネトレーション用OSの「Kali linux(旧称:BackTrack)」に同梱されているツールですが、Kali LinuxがUbuntuベースなので、CentOSよりも導入が簡単です。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です