この記事は公開から1年以上が経過しています。内容が古い場合があるのでご注意下さい。

よく忘れてしまうのでメモとして残します。対象はCentOS6になります。

インストール方法

sudo yum -y install epel-release

インストール後のデフォルト

インストールしたら/etc/yum.repos.d/にepel.repoepel-testing.repoというファイルができます。
epel.repoは標準で有効になっていますが、epel-testingは無効になっています。

以下は、epel.repoのデフォルトの中身です。

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

[epel-debuginfo]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch - Debug
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch/debug
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-debug-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
gpgcheck=1

[epel-source]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch - Source
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/SRPMS
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-source-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
gpgcheck=1

以上です。
 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です