この記事は公開から1年以上が経過しています。内容が古い場合があるのでご注意下さい。

AWSのEC2でFedoraを使う場合は、Fedoraの公式サイトで公開されているAMIを使います。

このAMIはコミュニティAMIとして公開されている為、どのAMIがFedora公式AMIなのか分かりづらいかと思います。
その為、getfedora.orgのリンクから作成します。

Fedora AMIの入手と起動

公式のAMIは以下より入手することができます。

https://getfedora.org/ja/cloud/download/
このページにあるAmazon EC2 のためのベース Cloud イメージの箇所にAMIのリンクがあります。

AMIはHVMとPVの2種類がありますが、特に理由がなければHVMを選びましょう。
また、EBSがGP2マグネティックの2種類のリンクがありますが、EC2の作成ウィザードの中で変更できるので、どちらでもいいと思います。

getfedora.org

リンクをクリックすると、EC2の作成ウィザードが開くので、後は従来どおりの方法で作成します。

ログイン

ログインはfedoraユーザで行います。
必要に応じてsudoを使いましょう。

以上です。
 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です