この記事は公開から1年以上が経過しています。内容が古い場合があるのでご注意下さい。

先日の「re:Invent 2013」の報告会がJAWS大阪で行われたので行ってきました。

「JAWS-UG Osaka 特別編 re:Invent 2013 報告会」
http://jawsugosaka.doorkeeper.jp/events/7267

会場は、アマゾン大阪オフィスです。
では、1つずつメモしたものを。

R3 instituteの金春さん

会場のテンションが低めなのを気にされてましたが、私の場合は、薄着で寒かくて動きが緩慢だったからだと思っていますw

Amazon Kinesis

すみません、途中からの参加になったため、あまり話の内容はつかめませんでした。

RDS PostgreSQL

昨今のMySQL事情を鑑みて、PostgreSQLに対応したんじゃね?的な感じみたいです。

基本的にはこれまでのものと同じ。
使われてるバージョンは「9.3.1」だから、以前のバージョンの人は事前検証しないと、SQLが通らなくなることもあるから要注意!とのことです。なるほどー。

RDS Cross Rejion Read Replicas

文字通りの機能です。
日本のDBに書いたものを海外リージョンに飛ばすと、その距離的に時間がかかるが、そのタイムラグは、「Replica LAG」としてモニタリングができるそうです。

この中では、やはり「PostgreSQL」の対応が個人的には一番大きいかなぁと思います。

cloudpackの吉田さん

イラストの絵より、イケメンでした。

CloudTrail

吉田さんは、Stackdriverのデモを見せて頂けました。
(Stackdriverは14日間無料で使えるそうで、IAMでサードパーティからアクセス可能なリードオンリーなユーザを作ればOK。)

C3インスタンス(ハイCPU)

  • これからは、C3インスタンスを使いましょう。
  • 性能がM1やC1よりも高性能なのに、コストはほとんど変わらない!
  • 東京リージョンで既に利用可能。

I2インスタンス(ハイI/O)

C3と比較すると

  • 「Large」だとRAMが約5倍大きい
  • エフェメラルディスクSSDの容量が約10倍大きい
  • これでRAIDを組んで、大容量の高速ストレージが作れちゃう。

アマゾンデータサービスジャパン 吉荒さん

  • 実は「re:Invent 2013」行ってないそうです。
  • JAWS含め、講演の場でしゃべるのは、資格が要るそうです。
  • どうやら関西の方のようで、関西弁トークが炸裂でとてもおもしろい内容でした。

WorkSpaces

実は、複数形の名前なので、日本語でどう表記するのかが問題だ!
だそうですw

ワークスペイシズ?、ワークスペイスィズ?、ワークスペイシィズ?
確かに一度気になると、止まらないかもです。

  • 利用するには、クライアントAppが必要で、アプリを起動すると自分のデスクトップがスッポリWorkSpacesのWindows7の画面になるようなデザイン。
  • 中身はDataCenter Edition
  • 今はまだプレビュー版で東京リージョンには無いため、Youtubeなどを見ると、映像が若干カクカクする。(特にウィンドウを最大化すると顕著)

cloudpackの吉田さん

最後は改めてcloudpack吉田さん。

6つのRole

会場でガートナーが言っていたこれから必要な6つのRoleがあるそうです。

  • エンタープライズアーキテクト
  • クラウドサービスブローカー
    • 要件に応じて評価できる人?
  • サービスマネージャ
    • クラウドじゃなくても・・・
    • クラウドだからこそ、より注目されているということかなーと思いました。  
  • キャパシティマネージャ
  • クラウドアーキテクト
    • 高いレベルのプロセスやポリシーで広範囲な自動化を設計できる人
  • 自動化スペシャリスト

re:Invent出展に関して

  • 「フルマネージドホスティング」は関心薄。(国内でも似たような感じ。。)
  • 日本初出展という所が意味として大きい
  • サイトフォーディーとの「SOLID AIR」の反応がすごかった。
    • 「膨大な経営データをエグゼクティブの思考に合わせてビジュアル化するツール」とのことで、確かに画面が超絶かっこよかったです!

現地では、見る人が連想するアニメのタイトルを言ってきたそうですが、皆タイトルが違っていたそうですw
私は、甲殻機動隊、パトレイバーが思い浮かびました。

http://www.cloudpack.jp/press/20130912.html

その他

ソリューションの普及度が高い

例えばセキュリティ・ソリューションだったら、全体の15-20%位の費用だと導入率が高いとか。
(詳しくはよく覚えてないです)

※実はサーバーワークスの方にヘルプで参加してもらっていたそうです。

簡単ですが以上です。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です